どうやって消臭するの?

あいとうの杜では特殊清掃で培った消臭技術を活かして、様々なニオイの問題を解決してきました。弊社で採用している消臭方法や使用している薬剤を紹介します。


オゾン脱臭

 オゾンには強力な酸化作用があり、殺菌・ウイルスの不活化・脱臭・漂白・有機物の除去などに用いられ、塩素の7倍の強力な脱臭殺菌能力があります。水道水の殺菌や医療・介護・食品分野で使用されており、日本では食品添加物として認められています。

 あいとうの杜では一般的な業務用脱臭機の10倍以上のオゾン発生量を持つ脱臭機を使用しており、病院や文化施設などの広い場所にも対応可能です。短時間で効率よくお部屋全体の脱臭処理を行うことができます。

 発生したオゾンは残留性がなく酸素に戻りますが、オゾンの人体への影響を心配されるお客様もおられます。あいとうの杜では脱臭作業後に①室内のオゾンを機械で回収、②換気、③残留オゾン臭の確認をしております。安全とはいえ、換気だけでオゾンを取り除くということはございませんので安心してください。


消臭剤噴霧

ニオイの成分は40万種類もあり、ニオイの種類に応じて消臭剤を調合します。弊社で使用している消臭剤は、香料で臭いをごまかすマスキング処理ではなく、臭気成分を吸着、化学結合し消臭するメカニズムであり、臭気化学的論理に基づいた物理化学的消臭です。また、消臭効果だけでなく、安全性にもこだわっています。主成分は食品添加物グレードの薬剤を使用しており、生分解性が高く、環境中に放出された場合は速やかに微生物によって分解されます。生活臭だけでなく、火災後の焼け焦げ臭に対しても使用します。消臭剤を噴霧することによって、壁や床に染み込んでいた臭いも取ることが出来ます。

長年染み込んだタバコ臭・ペット臭などの生活臭にお困りのお客様に大変満足頂いております。



安定化二酸化塩素水による除菌・消臭

安定化二酸化塩素水は、厚生労働省で、飲料水の酸化・消毒への使用が許可されているとても安全な除菌消臭剤です。悪臭の元の菌の細胞膜を破壊(酸化分解)する性質があり、「大腸菌O-157」を中心に、「レジオネラ菌」、「黄色ブドウ球菌」など、様々な細菌を死滅させることが出来ます。特殊清掃や細菌が原因のニオイの場合に使用します。

特殊清掃で使用することが多い薬剤ですが、最近ではペットの尿臭や水回りの臭いでお困りのお客様の利用が増えております。


防臭マジックシート

消臭剤や除菌剤をニオイの原因となる箇所に集中的に染み込ませるため、数日間防臭シート(詳細は企業秘密)を貼ります。公共施設・公営住宅などの消臭で使用する場合が多いです。ニオイの液体が床下や壁まで染み込んで原状回復工事が必要な場合、公共施設ですと工事の許可がおりるまで時間がかかります。その間、ニオイが出ないように防臭シートで集中的に消臭し、その後、原状回復工事でニオイの原因を取り除きます。


原状回復工事

ニオイの再発を防ぐため、床や壁などに染み込んだ場合のみ原状回復工事をします。ニオイの原因を徹底的に調べ、ニオイの元となる部分だけ取り除くので、最低限の工事で再発を防ぐことが出来ます。建築士の資格を持つスタッフが消臭と原状回復工事を同時に行いますので、短期間でのお引き渡しが可能となります。特殊清掃では、孤立死の発見が遅れると、体液が床まで染み込んでしまい、ほとんどの場合、原状回復工事が必要となります。

弊社の特長は、清掃~原状回復工事~消臭~遺品整理という一連のサービスを同じスタッフが行うことです。経験豊富な専任スタッフがニオイの問題を一気に解決することで、時間的・経済的に無駄がなく、予算も抑えることが出来ます。


消臭・脱臭作業の流れ
ご相談・お見積もり